So-net無料ブログ作成
検索選択

瀧廉太郎 四季の瀧 [廉太郎17~20才]

明治32年(1899)の作品です。


作曲: 瀧 廉太郎
作歌: 東 くめ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『四季の瀧』 作歌 東 くめ

一、
みなぎり落つる瀧つ瀬を
おほひて咲ける山桜
散るは水泡(みなわ)か はた花か
わかちかねたる春の朝

二、
ひるは白妙さらせりと
ながめしものをいぶかしや
月影清き夏の夜は
黄金のあやも見ゆるなり

三、
世に珍しき仙姫(やまひめ)の
織れる紅葉の唐錦
瀧の白糸よりかけて
衣や縫ふらん秋の夕

四、
白玉とばしみなぎりて
落ちくる水のひびきさへ
かすかになりぬ昨日今日
氷柱や結びそめぬらん
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※2声の各パートを一人で3回歌って多重録音しています。
2010/8/14録音
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。